FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

Type3用Texture

2012-05-19
Type3用のテクスチャってあまり種類が出て無いので、これぞ決定版というのが無いんですよね。
これしか無いのでこれが定番と言う感じだと思う
それで気になる部分や足りない部分補うために結局自分で弄る事になります
FalloutNV 2012-05-18 18-16-48-85

以下想像通りの画像の連続ですから、大人の方のみ閲覧してください

PCキャラ用

FalloutNV 2012-05-19 17-04-31-32

BodyベースはKendos Kustom Body Textures for Type 3 and Type Vの毛無しです
これが今は何故か入手不可能になっています
顔はTYPE3 V2 TEXTURE packの顔に口紅部分だけ他のMOD(どれかもう判らない)を合成してます
Kendo2のテクスチャですがTYPE3 V2 TEXTURE packと大差無いです
ノーマルマップはけっこう差があってざらっとした質感になります、後陰毛バージョンのノーマルマップも付いてる

基本的に毛あり使ってたんですが、装備画像であまりにも毛がはみ出てるのはなんか言われそうだったので変えました
毛の代わりに刺青に変えました、装備付けた時にはみ出てる雰囲気はあまり変わって無いのがポイント
毛じゃないから恥ずかしくないもん!と言う事に出来そうです

肌が濃いのは好みと日光で白飛びするのが大嫌いと言うのがあります、どのゲームでも濃い肌にしちゃいますね
ただここまで濃くするとヒゲがごまかしきれないのが難点

後良くNEXUSでHeadMesh何使ってるのかと聞かれますが、普通のVanillaのheadMeshつかってます。
ただType6だとつなぎ目がおかしくなるので修正されたType6用のFixMeshを使ってたかな
種族もただのHispanicのパラメータそのままです。
セーブデータさえあれば誰でも再現可能な顔だったりします。

Textureサイズは顔もボディも2048*2048です

NPC用


FalloutNV 2012-05-19 17-03-03-70

Fallout New Vegas Redesignedに含まれてるDefaultのテクスチャです。
ただ毛無しなのでTYPE3 V2 TEXTURE packから毛の部分だけ合成してます。
このテクスチャかなり優秀でFalloutの世界観に合いつつかなり綺麗なTextureだと思います。
雰囲気はかなりザラメでマットな感じになります
モデルはCassねぇさんです、Fallout New Vegas Redesignedだとこんな感じに変更されます、髪はCoolHairに指定し直してます

PCも実はこれにしたかったのですが、PCのFacedataだと変な色合いになってしまうので諦めました。

Textureサイズは顔もボディも2048*2048です

レイダー用

FalloutNV 2012-05-19 17-50-48-73

お気に入りのTexture
ベースは Post Apo Raiders skinsTYPE3 V2 TEXTURE packの毛有を合成してます、顔も同じように合成

元の汚れ具合と模様がかっこ良いのですが色合いが無彩色なので肌色を付け足す目的で合成してます
あと元のTextureが股間部分が黒くつぶれてて汚かったので、TYPE3 V2 TEXTURE packのディティールを残して上手くごまかしてあります。

レイダーらしさを残しつつ綺麗な顔が作れるのでお気に入りのTextureです
Textureサイズは顔もボディも2048*2048です

グール用

FalloutNV 2012-05-19 16-57-02-32

ベースがReGhouledというMODでこれも現在入手不可能です、このテクスチャはVanilla用しかありません。
顔がかなり特徴的で化物感を残しつつ何となく愛嬌のある顔になります、結構気に入ってます。
Body部分を合わせるために、BEWARE OF GIRL Ghoulishly Gross Skin Replacement Type 3を使って上手く切り張りしてます。
胸と股間は普通の人肌から切り取ってそれっぽく調整、出来あがったTextureをベースにノーマルマップも新規に起こしてます。
ここまでやってもNVだとグールの女性自体が少ないんですよね、FO3だとかなり恩恵受けますけど。
Textureサイズは顔は1024*1024、ボディは2048*2048です

パーミッション取れる物は自分のMODにそのうち含めると思いますが、取れないのが多すぎで出来るのがレイダー用だけなんだよなぁ(元から改変自由になってた)

尚Falloutだと4096のTextureは要らないと思います、これはHGECのUVがあまりにも無駄が多すぎだからです
Type3のUVだとHGECの4096と同じかそれ以上の解像度だせますので4096にする意味はあまり無いと思います
後これらのTextureは全部DXT5で保存し直して容量下げてます、22M>5.6M程度に減ってるかな
見栄えは全然変わりません、何となくマット感が増えた感じはするかな。

HGECのUV展開
HGEC UV

Type3のUV展開

type3 UV

これを見れば良くわかりますが、HGECは無駄が多すぎなんですよね
背中~尻にかけてシームレスなのが利点ですけどね、その代わり背中がセンター分けなので刺青を書くのが面倒だったりします

ただしこれは単に良し悪しだけの問題では無くて、時代の差と言うのも影響があります

Type3のデメリットに見える尻上と太股付け根と外側にTextureの継ぎ目がくる点なんですが、
昔は平面上でTextureを書いていたのでこのやり方をすると継ぎ目を消すのが困難でした。
そのためEC系の無駄な空白の多いUVを使っていたわけです

所が今ではBlenderの3D画面上でTextureを書いたりノーマルマップを作成が出来ます
このため技術さえあれば継ぎ目を気にする必要が無くなってきたのです
オブリの頃だと高い業務用のアプリ使わないと出来ない事でしたので時代の差の影響と言うのもかなりあります

蛇足
撮影スタジオをまた拡張中、任意画像を背景に出来る看板と、赤カーテンの背景を追加しました
そのうちアップデートに盛り込むと思う
FalloutNV 2012-05-18 18-17-39-12

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://izumokog.blog.fc2.com/tb.php/107-4f881def

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。