スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

BOSS Userlist Manager -BUM その1

2011-07-04

BUMBOSSのuserlistを編集するツールです、BUM(バム)とでも読めば良いんでしょうかねこれ

userlistの追記や編集をmasterlistを参照しながら行えるツールです。

どこに追記して良いか判らない場合masterlistをグループ別に参照出来るのは非常に便利です、使いこなせるようになるとかなり使えるツールだと思います。

必要環境

・BOSSv1.6以上

※Descriptionには1.6以上と書いてありますが、1.65だとuserlistの保存がうまく出来ずBOSSのソートでうまく動作しません、v1.7ですと問題無く動作しました

Microsoft Word 2010, 2007 or 2003

 

導入

アーカイブ内のBUM Installer.docをwordで起動します

起動したらScriptをblockしてるはずです、開いたDocumentに各wordのバージョン毎に解除方法がSS付きで解説してありますので、それを見て解除してください。

Script動作を解除したら一番上のインストールボタンを押してインストール先を指定します。

BOSSv1.7の場合そのまま正しいパスになっているのでそのままインストールしましょう、1.6の場合はディレクトリを変更してください。

これで導入は完了です、インストールしたBOSSフォルダ内にBUMフォルダがあるのでその中のBUM.docをクリックすると自動でwordが起動して専用GUIでBUMが立ち上がります

適当な場所にショートカットを作っておくと良いでしょう

 

注意点

userlistですが、全角文字は使えません、グループ分けを日本語で書くとBOSS1.7側でuserlistをUTF-8で書けやごるあと怒られます。

所がuserlistをUTF-8で保存すると今度はBUMが動作せずANSIですとちゃんと動作します、この辺は日本語OS固有の不具合なのかな、それとも私が何か操作まちがっているかも。

当然ながらプラグイン名に全角を使っているとアウトですので注意してください、これはBOSS1.6になった時点で全角文字をソートしなかったので全角文字のプラグイン作ってる人はあまり居ないはず

ただBOSS1.65以降でも全角文字でソート出来る人もいるみたいなので、環境依存か機能するように変更出来るみたいです、私はちょっと詳しくないので出来ませんでした

1.1が公開されて24時間で1.1.1が公開されていますが、まだ不具合がありそうな感じです。

これじゃ使えねぇじゃんと思われますがそれなりにメリットがあります

 

利点

・BOSSをその場で起動出来て結果のHTML表示が馬鹿みたいに早い

v1.7だと連動して動くBOSS RUNボタンがありHTML表示で結果を出すのがものすごい早いです、1.7のHTMLのログ表示は非常に優秀で見やすいのですがブラウザが立ち上がるのが非常に遅くなっていました。

・何か不具合が起きた場合アンドゥ出来るのですがUserlistのバックアップが残っているのでタグ付きで元に戻せる

BOSSには出来ない機能です、ただしmasterlistが壊れてたら結局一緒ですけどね

・masterlistをグループごとに見れて記述を利用してUserlistを追記可能

これはものすごい利点ですしどんなグループ分けしてるか見るだけでも驚きます、masterlistのプラグイン名をコピペしたり、タグ記述をコピペも出来ますのでUserlist作成が楽になります。

・BOSSv1.7のログ表示で出るシンタックスエラー対策がされている

BUMでUserlistを作成するとその時点でDATAフォルダに無いプラグインの記述はすべて\\が頭についてBOSSが無視するように自動でやってくれます、これでv1.7で真っ赤になって出ていたエラー文が見えなくなるのでありがたいです

 

不具合やデメリット

・追記のGUIが出無い、自動追記が動作しない

不具合なのか環境依存なのかいまいち不明なんですが致命的なのはこれですね、新規にUserlistを作成する手間が全然改善されてません※修正されました

・masterlistを常時参照する動きが多いので重い

Userlistの構文を上下させる時等にmasterlistを参照しているので動きがかなり重いです、なんで上下で参照するのかと言うと構文の内容によっては上下するだけで動かなくなる構文があるからです。

とはいえ追記して構文作成する動作だけでは参照する動作は少ないので重くは無いです

なんか不具合があるのか使えてないのか判らない点が多々ありますが、ひじょうに有望なツールだと思います

次回は実際の機能を細かく紹介していこうと思います。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://izumokog.blog.fc2.com/tb.php/59-5d3f072a

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。