スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

Wrye Bash日本語化

2011-06-29

Wrye Bash v293が出たみたいですが、これもまだ様子見が良いでしょうね

さてfallout3用にもWrye Bashがあるのですが、こちらはデフォルト状態で日本語メニュー表示がされます

なぜか本家Oblivion用だと日本語メニュー用のファイルが用意されてないんですよね

どこで変えてるのか調べてみたら\Fallout 3\Mopy\Dataフォルダ内にJapanese.pklJapanese.txtというファイルがありました

試しにそのままOblivion用のWrye Bashの\Mopy\Dataに突っ込んで起動したら日本語化されましたw

Wrye Bash日本語化

使い慣れちゃうとこの程度メニューが日本語化された所であまり関係ないんですけど、よくわからない人は導入してみると良いかもしれないです

使ったファイル

日本語化ファイルはこちらWrye Flash

最新で問題無いので本体をDLしてください

DLしたアーカイブの\Mopy\Dataフォルダ内にあるJapanese.txtをそのままOblivion用のWrye Bashの\Mopy\DataにCopyして起動すればOKです、

Wrye Bashのバージョンはv291で検証しています、そのほかのバージョンは判りませんがおそらく問題無いでしょう

※Japanese.pklはWrye Bash起動後自動生成するので日本語化導入で必要なファイルではありません

尚Japanese.txtに翻訳文が書いてあって自分で変更が可能です、ちょっと直訳気味で意味が違うんじゃない?と思う部分もあるから直すと良いかもしれません。

以下TESNS時のコメント
valda says:
2011/06/29 at 17:46

初めまして、Wrye Flash の開発者です。翻訳の品質の悪さに関しては仰るとおりです(;´Д`)
あと “readme->れどめ” 等の訳文はふざけ過ぎだったと思います。

ちなみに Wrye Bash の翻訳ファイルですが、Mods リストの見出し部分を右クリックして、”Dump Translator” を選択する事で現在のバージョンに対応したファイルを生成し直す事ができます。
(Mopy/Data/NEWJapanese.txt に出力されます)


    Izumiko says:
    2011/06/29 at 21:28

    わざわざコメントありがとうございます。
    Dump Translatorの機能も翻訳ファイルがあったから理解出来たので今まで何の機能かいまいち理解していませんでした
    Wrye Flashの翻訳ファイルは非常に助かってます

    ところでWrye Flashの27なんですが機能的にはWrye Bashのどのバージョンベースになってるんでしょうか?290と一緒なのかな
    275と290~291と292以降だと全然Bashed Patchの挙動が違うのでちょっとどれベースなのか気になりました

    あとWrye Flashだとタグを付けていない装備MODのステータスを変更するとBashed Patchを組み直さないと反映しない時があります。
    これはセーブデータが保持してる情報がOblivionとかなり違うせいなのでしょうか?
    気がつくとどうにでも対処出来る挙動なんですが、気がつくまでちょっと悩みました。
   

valda says:
2011/06/30 at 10:00

Izumiko さんも Fallout3 をプレイされるんですね。なんだか嬉しいですヽ(´ー`)ノ

Wrye Flash 27 は Wrye Bash 285 をベースに移植されています。結構古いのですが、Wrye Bash のそれ以降のバージョンからは、パス名の扱いを Unicode に変更する改良が入り始めまして、Wrye Flash で独自に Shift_JIS(cp932) 対応している箇所と相性が良くなかったのでそういう状況になっています。

現在の Wrye Bash 293 では、ほぼ不自由なく BAIN 等で日本語が使えるようになっていますので、折を見てベースのバージョンを 293~ へと更新しようと思っています。…が結構面倒な作業なので、仕事が暇にならないとなかなか着手しづらいところです。

Bashed Patch の件ですが、他の esp に付けたタグや Tweak などの影響で、当該の装備のレコードが Bashed Patch に取り込まれているのではないでしょうか? FO3Edit で確認してみるのが確実だと思います。

長々と Oblivion と関係ない話題でお邪魔しました。

なる says:
2011/07/03 at 12:07

日本語化面白いですね

前からロシアはあるの知ってたんですが日本語化もできるとは…

あと私のWAC関連記事からリンクを張らせて頂きました
あの修正、すぐversionUpするからいいやと思ってたんですよね…

数があってめんどうだなぁーと思ってたので助かります


    Izumiko says:
    2011/07/04 at 21:18

    リンクありがとうございます
    Wrye Bash日本語化ですが、175さんとvaldaさんがv293用を作成中でテスト用を公開してます
    まだ既知の不具合残したままで検証終わったら正式公開されるんじゃないでしょうか

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://izumokog.blog.fc2.com/tb.php/60-7c2932a3

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。