スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

textureを弄る リカラーをしてみる

2011-06-04

さて今度はテクスチャをリカラーしてみましょう

まずオリジナルのテクスチャを読み込みますリカラー01レイヤー付与

読み込んだらレイヤーを同じサイズで透明で追加します

リカラー02パターン張り付け

フリー素材で拾ってきたパターンをレイヤーにパターンで塗りつぶすで全面に貼り付けます

そのあと透過を調整して元のテクスチャとのバランスを見ます

しかし下地がどうしても潰れてしまいますので、元のテクスチャをもっと色味とコントラストを強い絵にしないとダメっぽいです

リカラー03着色と透過合成

コントラストや着色をつかってはっきりとした絵にします、出来たら透過させたパターンを重ねてみましょう

良い感じに合わさっていますのでこれで行きましょう、右の切り欠きはリボン部分なのでこげ茶のままに切り抜いておきます

これで良いとおもったらレイヤー右クリックして下のレイヤーと統合してください

出来たら保存しますが保存はDXT1でミニマップ生成にチェックを入れます

透過が必要なテクスチャの場合はDXT3かDXT5で保存します

こんな感じで他の色も作ります、今回は着色だけしたベージュとピンクも作りました

リカラー04完成したテクスチャ

ピンクは実は着色じゃなくてこれもパターンをレイヤーで貼り付けています

ファイルネームを見ると色分けの命名を「Top_pink.dds」にしてますよね、これは「_」以降の名前を無視してくれる法則で

こうする事によりこの3色のテクスチャのノーマルマップを全部「Top_n.dds」1枚で適用してくれるためです

同じ質感で良いならこれでノーマルマップを節約できます

出来あがった物をゲーム内で確認してみます

Oblivion 2011-06-03 02-44-02-03

ノーマルマップ激しすぎと思っていましたが意外とこの色だとそうでもないですよね

色味や加減はいろいろ試してゲーム内で確認した方が良いです、実際これらの色は5回ぐらいやり直してます

やり直す時にすぐ戻れるようにGIMPはマメに保存してアプリケーションを落とさないでおきます

そのままゲーム起動して確認したらGIMPのやり直すで戻って加減修正してください

ウインドウモードならゲーム起動しっぱなしでGIMP作業と確認出来そうですが、PCごと落ちると怖いのでやってません

1枚に複雑に書き込んであるテクスチャですと難しいですが部品ごとにテクスチャを分けてあるのが多いuserMODはリカラーするのは比較的簡単に出来ますよ

適当にワンポイント入れるだけならすぐ出来ます

Oblivion 2011-06-04 06-15-37-12 Oblivion 2011-06-04 15-53-16-62

センスがひどいですけどね

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://izumokog.blog.fc2.com/tb.php/67-6cf04d6b

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。